フレッシュキャビア
ウクライナ産フレッシュキャビアのご案内

フレッシュキャビアのご案内

◆キャビアについて

キャビアは美味だけでなく、栄養価が高い栄養成分のバランスが良い他のグルメアイテムにはないと言われている程の高機能食品とも言われています。

キャビアは300年以上にわたり、高級ワイン、葉巻、ブランデーなどと同じように、グルメサブカルチャーの道を形成してきました。

キャビアは一部の権力者やブルジョア等の一流の料理として提供されてきましたが、あまりの美味しさに、地球上に2億匹以上も存在していたと言われたチョウザメは、乱獲により絶滅危機に瀕しました。

現在、ワシントン条約の国際取引規制対象食品となり自由に捕獲、採卵、輸出入が不可能となり需要と供給のバランスが追い付かない状態にありますが、近年チョウザメの養殖技術も確立され世界的な需要の大きさには追付かないまでも、安定的に供給可能となってきました。
日本においても、グルメにはお金を惜しまない傾向にあり、世界三大珍味として重宝され、需要が拡大しEU、アメリカ、スイスに次ぐ世界第四位(2014年13,648㎏を輸入)の消費国となり、供給が間に合わない状態にあります。

キャビア

今日、キャビアは、シーフード専門のものだけでなく、あらゆる種類のレストランでも提供されるようになりました。

チョウザメキャビアを基調とした化粧品やクリームは、美容業界でも大きく発展しています。美容産業とヘルスケア分野において、製品の重要性が新たなレベルに高めています。

キャビアは高級食材、美容効果としてだけでなく、ヘモグロビンレベルを速やかに上昇させ、人間の心臓をより強くし、ビタミンやミネラルで体を飽和させる効果も期待できます。

OSETOR社は、旧ソ連時代からチョウザメの養殖を開始しキャビアをアメリカ、ヨーロッパ諸国へ輸出している信頼、実績のある会社です。
チョウザメ養殖に付いては、世界で2番目に古い歴史ある会社です。
また、アメリカで行われたキャビア品質保証に於いても、高い評価を得ています。


認証